ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第5回「ニュース」

 経営学部の経営学科なのですが、講義中に、「今日の日経にも載っていたけれども......」というフレーズが頻繁に登場します。これは1人の教授だけの話ではありません。大学に入ってから20回は聞いているフレーズなのです。つまり、奴らはアホみたいに日経新聞を読んでいる。就職活動にも日経新聞は欠かせないと聞きます。確かに、世の中の移り変わりを見ていくことは、とても大切なことです。社会人にとっての義務とも言えましょうか。そういう意味では私も、毎日Yahoo!ニュースを見ています。もう絶対に欠かしません。ゼミ合宿中も見ました。ゼミ内で1人だけ、ゼミ合宿中に「坂上忍バイキングで高橋真麻にキレた」というニュースを仕入れていたわけです。しかしこういう意見も聞きます。

「ネットのニュースじゃ駄目なんだよ。新聞を読まなきゃ」

新聞を読むことで、世の中の動きと言いますか、色んなニュースが一気に視界へ入りますから、ネットより立体的な見方が出来る、ということだそうです。正直、知ったことではありませんが、頭の良い教授が言っているのだから、これは真実です。

 

 しかし新聞には、金銭が発生します。大学の図書館へ行けば無料で読めるのですが、新聞を読むためのスペースが、図書館の入り口付近にありまして、結構目立ちます。図書館へ入った瞬間、今月の新刊本コーナーより先に、新聞を読む私を視界に入れるわけです。それほど生徒数の多い大学でもないので、「あいつ今日も新聞読んでるな......」という新聞キャラになりかねません。シマリスのような繊細な心を持つ私にとって、これはリスキーです。おかげで、図書館では新書と雑誌しか読めない状況が続いています。

 

 新聞を読む方法は他にもあります。スマートフォンであれば、アップルストアから「産経新聞」を丸ごと無料で読むことが出来るのです。これは素晴らしい。皆さんもぜひお試しください。しかしここにも問題が。経済情報がやや少ない。経営学部としては、もう少し「買収」とか「株主総会」とか「牛丼の値上げ」とか、そういうニュースを仕入れていきたいわけです。産経新聞は、こういったニュースが少ない。基本的には、民進党と中国を叩きまくっています。

 

 ということは、やはり日経新聞か。そう思って日経新聞の公式HPを拝見しました。驚きましたね。購読料がめちゃくちゃに高い。月々4200円ですよ。1年で50400円。スターウォーズブルーレイディスクを全て買えます。しかし4200円を30で割れば、140円。1日140円を支払うことで、「そのニュース知ってる」と言える権利を獲得できるのです。それに私は経営学部。経済のニュースに関しては、他の学生よりも若干詳しく知っておいて然るべきではないか......!?悩みどころです。

 

※今日の日記はオチがありません。(真面目な話なので、デカい文字にビックリマークをいっぱい付けて終わらせるやつを作れなかった。)ここは日本人らしく、自らが作った俳句で締めたいと思います。

 

 

 

 

 

秋の月 塩こうじなら ハナマルキ

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!!!!

おわり!!!!!!!!!!!!

広告を非表示にする