読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第28回「お茶」

 今日の気温知ってますか。30℃ですよ。10月に30℃です。地球に終わりが近づいている証拠ですね。ハルマゲドンはすぐそこです。早く涼しくなって欲しいと思います。しかし、外は暑いのに冷房はガンガンに効いていますね。寒すぎる。今日は大学で3杯の熱いお茶を飲みました。1日のほとんどは室内ですから、冬になったほうが暖房で過ごしやすいかも知れませんね。人間は身勝手です。オレ、ニンゲン、キライ......。

 お茶で思い出しましたが、私は昼食の度にウォーターサーバーでお茶を飲んでいます。とっても熱い緑茶です。美味しいので、最低でも1日に3杯は飲みます。しかしながら、他に利用している学生を見たことがありません。これは非常にもったいない。飲んでも飲まなくても支払う学費は同じですから、現時点では、明らかに私がお得です。1日にお茶3杯分ずつ、私が差をつけているという状況なんですよね。学生生活はまだ2年以上ありますから、卒業までには、お茶だけで学費を全て回収できるのではないでしょうか。入学当初は「もう少し良い大学にも行けたろうに......」という卑屈な心境でしたが、もうすっかり大学側の人間になっています。いくつか他の大学を訪れる機会もありましたが、経営学というのは、要するに、偉い人が書いた本を読んでカッコ良い単語をタイミング良く言う学問であるという結論に達しました。プロダクトライフサイクルサプライチェーンマネジメント、ハロー効果、ロングテールマズロー欲求段階説、ドル安......。ドル安は別にカッコ良くないですね。とにかくそういうことです。理系の学部は研究設備の差などが出てくるのでしょうが、経営学部でコンプレックスを抱くほどの差は出ません。人類、皆平等。学歴コンプレックスを抱いている方は、経営学部に入るべきでした。お近くの経営学部に入りなおして、私と一緒に、スターバックスで、カッコ良い単語を使った会話をしましょう。

 大学のFacebookTwitterは毎日見ています。在学生の中では1番見ているはずです。もっと言えば、事務局よりも見ているはずです。この前は東京大学へ行ったのですが、これはもう最悪でした。広すぎて死ぬかと思った。歩いても歩いてもキャンパスです。工学部の14号館って何だよ。そんなにいらないだろ。我が校は全学部合わせて7号館だぞ。しかも行くキャンパスを間違えました。タクシーで3000円使いまして、これもまた死ぬかと思いました。以前、日記に書いた「今日は本当にしんどかった」という話は、この東京大学へ行った話なのですが、これはまた長くなるので後日書きます。もう二度と東京大学へは行きません。今は北海道とかに行きたい。

 

 最後にもう1つ。駅からバスで大学へ向かうのですが、月に1度ほどメチャクチャ混む日があります。後になって気づいたのですが、どうも、会員が200万人ほどいる宗教団体の総本山が通学路にあるらしいのです。最近は過激な勧誘も行っていないそうなので、総本山が近くにあること自体は全く構わないのですが、バスで立ちっぱなしというのも疲れます。なぜ「月に1度ほどメチャクチャ混むのか」を知りたくて、インターネットでいろいろと調べてみたのですが、今日になってようやく、公式HPで有力な情報を手に入れました。この前のメチャクチャ混む日は、教祖のお亡くなりになった日だったということなのです。大聖堂に信者の皆さんが集合するので、朝からバスが超満員になってしまったというわけですね。この公式HPは便利です。早速、「2016年の教団行事」というページを印刷して、今後の参考にしようと思ったのですが、教団行事を印刷して自室の壁に貼ると家庭が崩壊しそうなので、やめておきました。皆さんも気を付けてください。おわり。

広告を非表示にする