ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第86回「面接」

 ということで、郵便局へと面接に向かいました。昨日の電話では「私服で良いし履歴書もいらない」という既存の面接ルールをぶっ壊す報告を受けたのですが、さすがは郵便局。元公務員だけあって発想が違います。履歴書は書いたことが無いので助かりました。「社員用の入り口を利用してください」ということだったので、裏口へと回り込み、インターホンを押します。

「はい」

「はい。あ、えーと......

 ......あ、年賀状仕分けの面接.....」

「はいどうぞ」

インターホンを押した直後に郵便局へ来た目的を忘れるというハプニングがありましたが、なんとか郵便局への侵入には成功しました。エレベーターで3階へと向かうと、体育館のような凄く広い謎の会場へ通されます。というかバスケットゴールが設置してあります。完全に体育館ですね。なぜ郵便局に体育館があるんだ。

「こちらの2枚、記入お願いします」

ここで履歴書が渡されるのかと思いきや、そうではありません。名前と住所、そして契約内容に同意する旨を書く紙が1枚目。2枚目を見ると、シフト表のようなものが書いてあります。行けない日にバツをつけるそうです。舐められたものですね。私がメチャクチャに暇だということを知らないようです。1枚目の記入を終えると、2枚目はバツを1つもつけずに完全に白紙の状態で提出。面接の開始を待っていると、ポツポツと人が入ってきます。私と同じように、面接を受けに来たみたいです。結構人気なんですね。高校生も多いです。数分ほどで、私の名前が呼ばれます。いよいよ面接です......

 

「で、まず仕事の内容を説明していくんですが......」

 

なんということだ。面接は5分ほどで終わりました。仕事内容に加えて、時給、交通費などの説明、シフトの確認、と言った感じで、「志望動機」とか「自己アピール」とか「グループディスカッション」は行われませんでした。1週間後に結果を郵送するということなのですが、落ちたりしないですかね。いや、落ちたら逆に面接をしたいレベルです。「なぜ私を落としたんですか」と聞きたい。「私を落とした理由」というテーマでグループディスカッションをさせたいと思います。それに加えて、給料はゆうちょ銀行の口座に振り込むということなので、面接に合格した場合にはゆうちょ銀行へ行って新たに口座を開設するという、もはや面接より作業量の多い案件に挑戦しないといけないわけです。先行きは見えませんが、続きはまた明日!!!!(結果は1週間後なので明日は真田丸の感想を書きまくって終わりです。)

広告を非表示にする