ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第118回「申と酉」

 昨日は色々と書きましたが、結局どこへも行かずに1日を消費させました。大丈夫です。冬休みはまだまだありますからね。大学の課題も取り組んでいませんが、これも大丈夫です。冬休みは本当に長いですから、本当に大丈夫です。「丸1日暇だ~!」という日があと5日か6日はあるわけで、こういった戦いは慌てた者が先に敗北してしまうというのが世の常なのです。私は負けない。今日は「ひるおび」と「ミヤネ屋」を見ていたら夕方になりました。

 

 年も明けて4日目ということですが、世の中に何か大きな変化が起きたかというと、まだそのような感じではありませんね。「申酉騒ぐ(申年と酉年はイカれた年になるぜという格言)」なんて言いますから、1月中に早速イカれたニュースが飛び込んでくるはずです。というか「申酉騒ぐ」って凄いですね。申と酉は隣同士ですからね。2コンボです。つまり、去年と同程度の事件が次々と飛び込んでくる年というわけですから、流行語に困ることは絶対に無いんでしょう。去年は何と言ってもトランプ新大統領とかイギリスのEU脱退に加えて、韓国の大統領にもスポットライトが当たりました。もう返真一さんをTVで見ない日はありませんでしたね。国内では怒涛の不倫ラッシュでした。とは言っても、2016年に不倫が流行ったというよりは、2016年に不倫がバレまくったという印象ではあります。もう井上公造さんをTVで見ない日はありませんでしたね。今年はどうか平穏であって欲しい。ミヤネ屋は取り扱うニュースが無くなって、下半期はカピバラの食事シーンとかを延々と放送し続けて欲しいと思います。

 

 話は戻りますが、明日こそは外出したいと思います。今日は7時に起きることに成功しました。ここまで怠惰な生活が2週間に渡って繰り返されてきたわけですから、まさに快挙。目が覚めて11時だったら、その時点でもう何もする気が起きません。ひるおびとミヤネ屋を見て終わりです。まずは真っ当な時間に起きることですね。真っ当な人間の起きる時間に起きる、これが真っ当な人間としての最低ラインというわけで、今回の日記はこれまで。最近気づいたのですが、私は書くことが無いときに同じ単語を繰り返し使っているようです。真っ当な人間になる以上、「真っ当な人間」を何度も繰り返し使い続けるような日記は早めに終わらせるべきですね。というか真っ当な人間って何だ。起きる時間が早くてもイカれた人間は絶対に存在しますからね。真っ当な人間の定義、まずはこれを確認する必要があります。いやありません。終わりです。

広告を非表示にする