ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第120回「リクルート」

 昨日はなんとなく将来のことについて考えてみたわけですが、時間の経過によって自動的に希望の進路が固まるということはありませんし、大学受験のときはギリギリまで何も考えていなかったという反省も踏まえ、早速リクルートのホームページを見てみました。真偽は定かではありませんが、独自のネットワークで調査した結果、就活生は全員リクナビというサイトを利用しているようです。会員登録を済ませると、「インターンシップへ行きたい企業を選ぼう!」という文字列が表示されました。インターンシップ、聞いたことがあります。職場体験みたいな感じのやつですね。企業のことをよく知れるので何度か利用するべきだと大学の上層部から言われています

 しかし、どうやって入りたい会社を探せば良いのでしょうか。とりあえず私の希望を挙げていきます。

  • 出来れば東京メトロは利用したくない。(最寄り駅の乗車率が完全にイカれちまっているので。)
  • 職場は東京23区内が良い。千葉でも浦安くらいまでなら良いかもしれない。
  • 土日と祝日は休みたい。

とりあえずはこんなものでしょう。「企業検索」のページを開きます。すると、ここで驚きの展開が待っていました。リクナビにおける企業検索とは「最寄り駅」とか「土日祝日は休日」とか、そういう「バイトル」みたいな検索を指しているわけではないのです。まずは「職種」、「本社所在地」、他には「キーワード」という項目もあります。なるほど。職種か。これは屈辱です。私が将来のビジョンを全く見通せていないのを分かった上でこんな難しいことを聞いているのでしょうか。だとしたら話は至極簡単になりました。キーワードに「羽田空港」という日本人が一番好きな四字熟語を入力して検索をかけます。私の羽田空港への思いについては、前回の日記をご覧ください。 

要するに、朝からリムジンバスに乗って羽田空港へ行きたいと言うだけなのですが、このように検索すれば、羽田空港で営業を行っている企業が大量に登場するはずです。

f:id:m15obayasi:20170106212356p:plain

おっとっと。ちょっと多すぎますね。完全に予想を超えてしまいました。しかし106社とは心強い。いやちょっと待って下さい。これ、ほぼ確実に羽田空港で働けるのでは?

f:id:m15obayasi:20170106212510p:plain

はいはい。ANAですね。これはちょっと倍率が高そうですが、まさに空港のお仕事です。就職できたら親戚に自慢してしまいますね。いや親戚だけでなく、同じマンションに住んでいる人全員に自慢してしまうかもしれません。最上階から順番に自慢をしに行きます。

 調べてみると、まずは航空会社の数が多いということに気づきました。ANA,JAL,スターフライヤー東京モノレールとかもありますね。

f:id:m15obayasi:20170106212731p:plain

こちらの企業は羽田空港自体の管理をしているようです。ANAであれば成田空港や関西空港、あるいは東京にある本社で働いたり、外国の支社で働いたりと行った展開もありえますが、これはもう羽田空港。完全に羽田空港です。こういうことですね。私が望んでいるのはそういう企業です。

f:id:m15obayasi:20170106213124p:plain

飲食店ですね。どうやら羽田空港に支店があるようです。前回の日記でも書きましたが、私が勤めたいのは「羽田空港にある会社」なのです。羽田空港の支店というポジションで働けることを祈りながら就活をする、そんな「斎藤佑樹のバッテリーになれることを祈りながら早稲田実業を受験する」みたいな真似はできません。失敗した時のリスクが大きいですからね。ここはやはり確実に羽田空港で働ける企業を探しましょう。いや待ってください。今日の日記、昨日の日記と内容がほとんど同じじゃないか!?ちょっと文章の量が多くなってしまったので、続きは明日書きます。終わり!!!!!ダーーーー、クソ!!!!!!(本田圭佑のクラロワのCM風)