ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第172回「部屋の掃除」

 タイトル通り、今日は部屋の掃除をしました。というか今日は2ヶ月ぶりくらいに、タイトルから先に日記を書きましたね。いつもは最後に「あ、タイトル書いてないわ」となって慌てて書いて投稿しているので、これは新鮮です。本当はそうあるべきなんですけどね。しかし何を書けば良いのか分からない日が続いているので、「この季節は皮膚がカサカサしますよね」とか「新しいメガネが手に入りました」とか「今日も寒い1日でしたね」みたいな感じの書き出しになってしまうわけです。PTAの懇談会みたいになっています。いやそれよりも「新しいメガネが手に入りました」はおかしいですね。自分で購入したメガネです。「手に入りました」は寿司屋の大将しか使いません。次からは気を付けたいと思います。「新しいメガネを買いました」ですね。次にメガネを買ったらそう書きます。

 

 それで部屋の掃除をしたのですが、捨てる物で1番多いのは大学のプリントですね。「捨てる物」と言うと語弊がありますが、でもこれは処分に困ります。今後の人生で絶対に使わない専門用語が大量に書かれたプリントを、邪魔だからと言って捨てるのはいかがなものか、と言う感じなのですが、1年も大学へ通うと100枚くらいになってしまいますからね。もう捨てるしかありません。明日の朝、共用のゴミ捨て場に持っていきます。いや資源ごみは土曜日でした。土曜日に捨てに行きます。全部では無いですけどね。「相手に妥協してもらいたい時の手法」とか、そういうのは勉強になるので置いてあります。先に大きい要求をすると良いらしいです。

わたし「ちょっとさ、この壺を買ってくれない?50万円するんだけど」

友達「いや、それはちょっと......」

わたし「じゃあ1200円で良いよ。差額はこっちで払っておくから」

友達「え、マジ!?じゃあ買う!!!」

こうなります。本当は私が図工の時間に作った1銭の価値もない壺です。それが1200円で売れるという手法、これは最高ですね。差額なんかありません。1200円の全てが手に入ります。実行したことはないのですが、社会へ出た時に活用できそうです。お金に困ったら壺を売りたいですね。

 

 他にもゴミは色々とありました。地元の区報とか、本の帯とか、カバーとか、しおりとかですね。シンゴジラのステッカーもありました。しかしこれは捨てません。色々なところに貼ってしまいましたが、まだ6枚残っています。「まずは君が落ち着け」とか「そろそろタメ口にしてくれる?」とかですね。「そろそろタメ口にしてくれる?」は石川さとみさんのセリフですね。私も言ってみたいです。休み明けにゼミの後輩に言ってみたいと思います。

わたし「そろそろタメ口にしてくれる?」

後輩「え?良いんですか?」

わたし「もちろん!」

後輩「うーっす!サンキューっす!お前優しいなー!」

 

 

 

 

 

 

これは除ゼミ(ゼミから追放)ですね。