読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第216回「大学のコンビニ」

 大学に開設されたコンビニを訪問してみました。いや、凄いですね。大学1年生の頃に拓殖大学へ行ったことがありまして、そのキャンパスのあまりの広さ、売店の製品の充実度合いに絶望し、涙を流したことがあるのですが、今回は驚きも驚き。我が校のコンビニも、コンビニだけで言えば拓殖大学と同レベルではないかという感情を抱きました。着実に現代の大学へと変貌を遂げています。今後が非常に楽しみですね。もうどんどん改築してくれ。図書館に大量のソファーを置いてくれ。というか図書館のホームページから書籍の取り置き予約が出来るようにしてくれ。貸出延長手続きもしたいですね。大学のパソコンに入っているオフィスソフトを自宅のノートパソコンでも利用できるようにもして欲しいです。部活も増やして欲しい。もっと地味なサークル・部活を大量に。小さな大学ですから、質より量路線で40個くらい作っても良いのではないでしょうか。学生間のコミュニケーションが活発になるかと思います。Twitterで「専修大学 戦史研究部」みたいなアカウントを見ると、「うわ~、こういうの入りたかった!!!」という気持ちになっています。しかし私も3年生。今さらゼミの先生に「ドラえもん研究会を作りたいんですけど......」と言って顧問の先生になってもらうわけにもいきません。というか部活の数が少ないので滅茶苦茶目立ちます。絶対に大学の掲示板とかで「ヤバいサークル出来たんだがwwwwwwwww」とか書かれますね。戦史研究部みたいなサークルは専修大学とか日本大学とか、学生数・サークル数の多い大学でこそサーッと立ち上げられるというわけです。いや、待って下さい。今までに言った大学への要望、図書館のホームページ、パソコンのソフト、部活、散々言いましたけど改築は一切必要ないですね。全く関係のない話を延々としていました。

 

 今日はゼミの教授と会ったのですが、思っていたより柔らかな口調で安心しました。研究の報告ができていないので激怒しているのではと心配していたのですが、ひとまず安心ですね。思えば私1人と話す時はいつも柔らかな口調です。ファミレスで3回ほど奢ってもらいました。これはゼミ長の特権でありまして私はこれまでに3種類の定食を食らってきたわけですが、研究は研究です。ゼミ生を手足のように動かして出来る限り進展させていかなければいけません。ただ私は人を手足のように動かすのが大の苦手でして、出来れば人の影に隠れながら「実は全部やっておいたんだけど......」みたいなのが最高のポジションなのですが、とにかく1年間頑張っていきたいと思います。苦労もありますがメリットも多いです。とりあえず今週の金曜日はサーティーワンアイスクリームのアイスクリームが無料になるクーポンをソフトバンクから入手する予定なので、それを報告して終わりといたします。