読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第235回「明日も平日」

 大学へ行く途中、そして帰る途中にサーティーワンでアイスを食べてきました。最初はキャラメルを食べようかと思っていたのですが、趣向を凝らして「小倉あずき」という味?フレーバー?のアイスを注文。とても美味しかったので皆さんも是非食べて下さい。とりあえず明日は平日にも関わらず大学がありません。もう本当に最高。とは言っても、来週からは遂に英会話の教室が始まってしまうわけなので、この「休みだけどマジで何もすることが無い火曜日」は、これが最後かも知れませんね。英会話、果たしてうまくいくのでしょうか。というのも、自治体が開催する英会話教室では、往々にして同世代に出会うことが出来ません。2年ほど前に何を思ったか「点字教室」に参加したことがあるのですが、平均年齢55歳くらいと言った感じで、授業終盤のトークタイムでは嫌な汗をかかされました。恐らく英会話教室でもそんな感じになるのではないでしょうかね。というか、火曜日ですからね。火曜日の昼です。同世代の人間が存在するわけがありません。私の母親、下手をすれば私の母親の母親くらいの年齢の方々と一緒に、中級の英会話を学ぶことになってしまうでしょう。不安です。やはり最初に自己紹介とかするのでしょうか。「趣味はなんですか」とか聞かれたら何と言えばよいのでしょうか。「毎日、休まずに日記を書いています」とか言えば話題の1つにもなるのでしょうが、一緒に英会話教室を学んでいるクラスメイト達にこの日記を、この日記の、この記事を見られるわけには行きません。「不安です」とか書いちゃってますからね。見られるのであれば違う雰囲気で書くべきです。ドトールで飲んでいるウインナーコーヒーの写真を加工して「part235:今日の一杯。」みたいな日記であれば、誰に見られても恥ずかしくないでしょう。いや、これは逆に同世代に見られるのが恥ずかしくなってしまいますね。自己紹介で日記の存在を匂わせるのであれば、これとは別にもう1つ日記サイトを作るのが懸命だと思います。タイトルも「ニッキーの日記」などと言う、日本語の最下層みたいな文字列は許されません。「雨上がりの図書館で......」とか良いですね。

 

雨上がりの図書館で......

[part235:今日の一杯。]

今日はドトールでウインナーコーヒーを1杯。気さくなマスターと世間話をしていたら、3時限目の講義に遅れてしまいました。反省。

 

 

無駄なことを書かないようにと注意していたら、2行で終わってしまいました。これは厳しいですね。そもそもドトールに気さくなマスターはいません。飲食スペースと接客スペースが完全に分離していますからね。いるのは真面目なスタッフだけです。反省。