ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第265回「韓国語」

 明日で6月なんですよ皆さん。時間が経つのは早いですね。6月が終われば7月です。7月が終われば8月です。刻一刻と年末が近づいていますね。一体どうなっているのでしょうか。とりあえず梅雨に入りますから、「雨」にまつわる歌を掲載しておきましょう。

良いですね。歌詞が良いです。明日の予定も書いておきましょう。

 

5:30 起床&就寝(最近は早めに起きて30分程2度寝をするという行為にハマっている。)

6:00 起床

7:15 出発

 

という感じです。良く考えたら書くほどの予定は無いですね。明日は何を書けば良いのでしょうか。とりあえず図書館へ行こうと思っているので、何か突発的な事象が起きるように祈ります。でも事故は駄目ですね。事故は許されません。事故以外で何か頼みます!!!!

 

 そういえば書くことがありました。証明写真です。明後日までに大学に書類を提出しないといけないのですが、どうも証明写真が必要みたいでして、それを明日までに用意したほうが良いよね、という話です。いやこれも明日書けば良い話だな。もう駄目だ。白い巨塔で財前が書いた手紙を、Googleで翻訳した韓国語で掲載します。

 

사토미에(里見へ)

 

이 편지를 가지고 내 의사로서의 마지막 작품으로한다.

(この手紙をもって僕の医師としての最後の仕事とする)

 

먼저 내 병태를 해명하기 위해 오오 코우치 교수 병리 해부를 부탁하고 싶다.

(まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい)

 

다음에 암 치료에 대한 소견을 말한다.
(以下に、癌治療についての愚見を述べる)

 

암의 근치를 생각할 때, 첫번째 선택은 어디 까지나 수술이라는 생각은 지금도 변함이 없다.
(癌の根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは今も変わらない)

 

그러나 현실은 나 자신의 경우가 그러 하듯이,발견 당시 전이와 파종을 겪었다 진행 사례가 종종 보인다.
(しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、発見した時点で転移や播種をきたした進行症例がしばしば見受けられる)

 

나아가 나의 시체를 해부 병리학 후, 당신의 연구 재료 일석으로 도움 좋겠다.
(ひいては、僕の屍を病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい)

 

시체는 이케르 스승 이니라.

(屍は活ける師なり)

 

또한 스스로 암 치료의 제일선에있는자가 조기 발견 할 수없고, 수술 불능의 암으로 죽음을 진심으로 부끄러워.
(なお、自ら癌治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能の癌で死すことを心より恥じる)

 

자이젠 고로

財前五郎

広告を非表示にする