ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第319回「持ち込み不可」

 試験期間が始まりました。今日はてっきり持ち込み可の簡単な試験かと思っていたのですが、試験時間5分前に教室へ入ったところ、皆さん懸命にノートを読んでいまして、この辺りから「ん?穏やかじゃないな」という雰囲気ではありました。そして試験開始30秒前、教授から「皆さんノートをしまって下さい」という報告があって、もう完全に終わりですね。全てが崩壊しました。これは持ち込み不可のガチンコ試験です。ここに神はいない。大学に早く着いたからと行って、コンピュータ室でウィキペディアを見ている場合ではありませんでした。

 

 とは言え、そこは模範生。この講義には休まず全て出席しています。そして、試験開始30秒前の「皆さんノートをしまって下さい」で全ての真実を知ってから、その30秒の間にノートをもう必死に凝視。これはすごい集中力でした。千尋が両親を探している時も、私と同じ目をしていたのかもしれません。

 

ノートを必死に見たおかげで、なんとか試験は通過できそうです。お得意の、「中身の薄い文章を長々と書く技術」が存分に発揮されまして、「こいつ中身ないけど、いっぱい書いてるから良しとするか」という採点がされるかと思います。助かりました。明日は休日ですから、次は水曜日です。次は確実に持ち込み可能ですからね。知っています。というかゼミの教授です。持ち込み不可だったらゼミを辞める勢いです。いや辞めません。学生の少ない大学ですから、辞めたらゼミ生と会うのが気まずくて、大学へ行けなくなってしまいますね。

 

 私にはこれと言って特筆すべき趣味が無いわけで、これが自己紹介という行為の難しさを産んでいたのですが、遂に本日、「趣味 簡単」で検索するという暴挙を犯しまして、いくつかの手軽な趣味を見つけました。まずはパズルですね。これは比較的、自己紹介でも言いやすいです。「休日にパズルとかやってまして......」って感じでしょうか。ちょっと恥ずかしいですけどね。もうちょっと歳を重ねてから言いたい趣味ではあります。他には、「写生」というか、「水彩画」「油絵」。これは完璧です。完璧な趣味。確実に合格の趣味ですが、リスクもあるわけですよね。自己紹介はそれで乗り切れますが、数カ月後に「そういえば君、絵がうまいんだよねぇ?ポスターとか書いてよ」みたいな仕事を任される事態に直面し、実はそこまで絵がうまくないという衝撃的な事実に直面し、亡命を余儀なくされる事態に追い込まれてしまいます。あとはネットサーフィンですね。もうこれにします。これは楽だ。