ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第351回「発熱!!!!」

 なんということでしょうか!!昨夜、日記を書き終わった辺りから、なんだか足が冷えるな、でも顔は熱いな、怖いな、怖いなという感じになりまして、まさかとは思いながらも、体温計を口の中に入れました(口の中に入れるタイプしか無かった)ところ、なんと37.5度。微熱ですが、なんか咳も出てきました。遠くミャンマーで発熱。これが1人旅であればもう地獄でしたが、母の実家に滞在しているわけですから、でも大丈夫!!!!!(三井住友銀行のCMの吉高由里子

 

というわけで、今日は1日中、完全に家にずっといたわけですが、前日までにたくさんの写真を撮っていますから、共有していきたいと思います。

 

f:id:m15obayasi:20170825210646j:plain

建国の父、アウンサン将軍の邸宅です。ミャンマーではマジのガチで凄い、もう偉人中の偉人ということらしく、日本で言えば、福沢諭吉野口英世樋口一葉を足して、3で割らない、みたいなレベルの、圧倒的も圧倒的な人物です。家も立派ですね。母が「これと全く同じ形の家を建てたい」と言っていましたが、それはちょっとやめたほうが良いと思います。私だってサザエさんの家と全く同じ形の家が建っていれば、流石に気付きますからね。

 

f:id:m15obayasi:20170825211134j:plain

アウンサン将軍の剥製というのか、レプリカというのか。高そうな椅子に腰掛けて本を読んでいます。結構細いですね。「黒革の手帖に出演している江口洋介が痩せすぎ!!」というニュースをYahoo!で見ましたが、恐らく江口洋介より細いのではないでしょうか。

 

f:id:m15obayasi:20170825211440j:plain

これは、将軍が自宅に置いていた蔵書のリストです。これらを読めば、私も立派な人間になれるのでしょうか。日本へ来たこともあるそうですが、日本語の書籍はありませんね。アウンサン将軍は、「凄いよ!マサルさん」とか「マスター・キートン」を読まないということが良く分かりました。

 

f:id:m15obayasi:20170825211745j:plain

将軍の銅像です。邸宅は家具の配置もそのままで、一家の生活していた事実を肌感覚で実感できるという施設になっているのですが、この銅像は間違いなく死後に設置されたものです。存命中から客間に銅像を置いていたら、完全にイカれていると思われてしまいますからね。それは許されません。ブルース・リーなら許される可能性はあります。

 

f:id:m15obayasi:20170825212327j:plain

ミャンマーの渋滞の様子です。信号は基本的に存在しないので渋滞は起こりにくいのですが、それでも、大きな道路には設置されつつあるようで、こうして渋滞が発生してしまうことも、日常になりつつあるというわけですね。遠くの方まで車が並び並んでいます。ただ、ミャンマーのタクシーは事前に料金を交渉してから乗り込むタイプなので、いくら渋滞をしようが、その点は安心です。そういえば、帰りのタクシーの運転手が、マスクを付けて咳をずっとしていました。私が発熱した事実と、何らかの関連性があるような気がしてなりません。

 

f:id:m15obayasi:20170825212702j:plain

ミャンマーの代表的な料理、モヒンガーです。米粉で使った麺に、ゆで卵とか白身魚が入っていますね。お好みでパクチーも入れます。とても美味しいです。麺が柔らかいので、すするというより、レンゲで掬って食べるという感じですね。地域によって味に違いがあるようです。

 

f:id:m15obayasi:20170825213131j:plain

アウンサン・マーケットです。アウンサンと言うのはもちろん、アウンサン将軍のことですね。定番の観光スポットのようでして、私同様、外国から来た人がたくさんいました。ここでいくつかお土産を買ったのですが、客引きも凄いです。外国人を見つけると、すぐ「ハロー(こんにちは~)」です。「ハロー」といえば外国人が立ち止まるという教訓があるのでしょうか。とにかく、そういったハロープロジェクトが共有されているので、そこら辺は注意して下さい。熱は下がりましたが、体がだるいです。親戚には「海外に来て風邪引くのかよ!」と笑われました。壮絶な1日です。