ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第374回「落語」

 これといって人に言えるような趣味もないので、ここ最近「どうしたものか......」と考え続けていました。現時点で1つハマっていることを挙げるとすれば、Amazonのprime musicで斉藤由貴さんのアルバムを聴くことくらいでしょうか。とは言え昨今の日本社会の状況を考えれば、

「え......?斉藤由貴ってあの......」

となってしまうので、これは駄目です。むこう5年くらいは言うのを辞めておこうかと思います。あとはゴダイゴも聴いていますが、この場合、

「え......ゴダイゴってあの..............................いや........................ゴダイゴって何だ......?」

となってしまいますね。「えっと~、ゴダイゴとか聴いてるんだけど(笑)」と言った時の、「?????」みたいな顔。あの顔をこれ以上見るわけにはいきません。

 

 というわけで趣味について考え続けていたわけです。すると数日前、ふと「そう言えば中学生の頃、一瞬だけ落語を聴いていた時期があったな......」といったことを思い出したので、図書館へ行って落語のCDを借りてきました。

柳亭痴楽 落語名人集(ライヴ) ラブレター(S33年度版)/運転手希望 山下泰助 作/新聞記事

柳亭痴楽 落語名人集(ライヴ) ラブレター(S33年度版)/運転手希望 山下泰助 作/新聞記事

 

 柳亭痴楽。確かに中学生の頃、この人のCDを借りていました。というか、聴いていた落語はこの人のCDだけです。本当に一瞬だけなんですよね。しかし内容はなかなか面白かったような気が。そう思ってパソコンに挿入して、さっそく再生してみた所、やはり面白いです。この柳亭痴楽という方の特徴なのか分かりませんが、落語のテーマが「運転手の募集」とか「ラブレター」とか現代風なので、「ん、今の単語って何だ......?」みたいな感じになりません。皆さんも聴いて下さい。Youtubeで検索したら、なんと全く同じ音声がありました。現代社会の闇。

 

 しばらくは落語を聴いてみようかなと思うのですが、これが趣味に繋がるか分かりません。でも趣味につながれば素敵ですね。落語ならゴダイゴと違って一発で分かりますし、まぁまぁウケると思います。CDも図書館に行けば大量にありますし、寄席とかもありますからね。

 

 明日は台風がやって来ます。

あああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!