ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第379回「ネーミングセンス」

 今日はゼミがありました。始まるまで「アァアアアア!!!ゼミだゼミだゼミだ!!!!!」みたいなテンションでトイレを出たり入ったりという感じだったのですが、こうして終わってみると、「いや~、今週も頑張った!!!」という達成感。私にとって、ゼミはもうずっとこういう感じですね。一旦始まれば、なんか予想とは裏腹に、良い感じに終わります。勉強にもなりますし、終わってみれば良い時間ですね。社会に出てもこういう感じなんでしょうかね。

 

 いや、社会に出てもこういう感じなら、ちょっと厳しいかも知れません。ゼミは週1回、金曜日だけなので完全に受け入れていますし、何より私がゼミ長という立場にいるわけですから、それなりに偉そうに振る舞えるわけですが、毎日「アァアアアア!!!仕事だ仕事だ仕事だ!!!!!」みたいなテンションでトイレを出たり入ったりしていれば、これは確実に廃人になります。いくら多様性社会とは言っても、廃人にだけはなりたくありませんね。

 

 小池さんの政党、と言って良いのか分かりませんが、とにかく新しく出来そうな政党がありますよね。なんか民進党の議員がどんどん離党して、この政党に加わろうと目論んでいるわけですが、先ほど検索してみたら、どうも地元の民進党議員もこの方向で動いているようです。凄いですね。うまく立ち回れば、結構な勢力になっていくのかもしれません。政党名は何なのでしょうか。なんかカッコ良い名前が良いですね。「ウィルキンソン」とか「ジョンソン・エンド・ジョンソン」「ワンス・アポン・ア・タイム」みたいな、そういう「意味は分からないけどカッコ良いワード」の政党が誕生することを期待したいと思います。日本維新の党も名前を変えたほうが良いですね。大阪出身の議員が多いので、

通天閣

にしましょう。滅茶苦茶カッコ良いでしょう。「通天閣」ですよ。そもそも通天閣って何なんだ。この意味の分からなさ。うまくいけば、若者から圧倒的な、これはもう圧倒的な支持を得ることが出来ます。若者の好きなバンドは、だいたい意味の分からないネーミングですからね。そこにカッコ良さがあります。うまくいかなければ終わりですけどね。解党です。明日も雨です。終わった。