ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第522回「衛星電話」

 今日はすることが無くて本を読みました。 

地方自治と図書館: 地方再生の切り札「知の地域づくり」
 

 母親が図書館へよく行っていまして、「これ面白そうだよ」と何冊か本を借りてくる(本人は絶対に読まない)のですが、これもその1冊です。

 内容としては、タイトルほど固い内容でもなく、理解しやすいものでした。地方都市ほど、図書館の存在が重要というわけなんですよね。というのも、地方自治体の首長なんかが政策を考えるときに、まず東京の霞が関の、総務省の官僚なんかにお話を聞くそうなのですが、これが原因で、結局は中央官庁寄りの政策というか、現実を見ていない街づくり、運営がされていく、という内容です。何とも悲しいですね。これを脱却するには、地域の情報拠点、自立する手段としての図書館が必要なんですよという話でした。ド正論だと思います。あとは司書の存在も重要だと書いてありましたね。図書館は貸出業務以外にレファレンスサービスというものがありまして、これを私は一度も利用したことが無いのですが、今後はこちらの方が重要なサービスになってくるという話でした。なんか情報集の手助けみたいな、そういうサービスみたいですね。マジで知りもしませんでした。

 

 オリンピック。まだメダルがありません。しかし今日は期待できそうですね。高梨沙良ちゃん。いや沙良ちゃんとか言っても同い年なんですけどね。高梨沙良さんです。彼女が今日遂に飛ぶわけですから、これは期待せざるを得ない。とにかく遠くへ遠くへ飛んでほしいと思います。もう飛びすぎちゃって、日本海を超えて日本まで帰ってきてほしいくらいですね。着地した後に、「すいません、私は今1位ですか?」と、日本から衛星電話で韓国へ電話をかけて欲しいと思います。絶対勝て......!!!!!