ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第539回「海底奇岩城」

 朝から風が強かったみたいですね。雨も降ったと聞いています。私は昨夜2時に寝たので、起床時間は12時。起きたら普通に晴れていたので、もう全くその辺のことは分からず、「ひるおび」で情報収集をしたみたいな感じなのですが、春が近いということは、花粉も飛び始めますよ。これが曲者ですよね。春は最高なのですが、結局は花粉症も来ますから、メッチャ良い人と最悪な人が一緒に来たみたいな、そんな感じです。

 

 今日は3月1日。採用活動の解禁日だったのですが、私の所にも20件ほどのメールがやって来ました。マイナビから直接、というよりも、事前にインターンシップを受けた企業から「説明会にも来てね~!」みたいな、そういう趣旨のメールが多かったです。マイナビは、自分からエントリーしないと来ないみたいですね。ただ、今日の20件だけでも本当に大変でして、個人情報の入力を何回やらせるのかといった感じ。これ結構大変ですね。区役所でマイナンバーの登録作業を担当したら、このような日々が半永久的に続くかもしれません。

 

 とは言っても私の場合は今日が登録作業のピークだと思うので、明日以降はドラえもんの映画を見ながらエントリーシートを書くことになります。最近は暇さえあればドラえもんの映画のことを考えているのですが、これを見てください。

f:id:m15obayasi:20180301215105p:plain

ドラえもんの興行収入一覧です。1番上が最新作という感じなのですが、こうやって見ると、全体的には上昇傾向にあるみたいですね。これは単純に作品の質が向上しているだけとは言えないと思うのですが、どう説明すればよいのでしょうか。最も興行収入が低いのは「海底奇岩城」ですが、ドラえもん作品で「海底奇岩城」が1番つまらないなんて、絶対にありえないですからね。この辺の理由をどうにかこうにか解明したい。世界ドラえもん学会による論文の投稿が待たれるところです。就活が終わった段階でもまだ理由が良く分かっていなかったら、自分で調べて学会に提出したいと思います。(この地球上に「世界ドラえもん学会」は存在しない。)

 

追記:

数値が低い原因が何となくわかりました。古い作品は「興行収入」ではなく「配給収入」といって、単純にチケットの売り上げだけになっているみたいです。詳しいことは良く分からないのですが、ここを見落として学会に論文を提出していたら、完全に追放されていましたね......。