ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第607回「小説と遊戯王」

 家で特にすることが無い日は本を読んだりして時間を潰しているわけですが、ここ最近は小説を全く読んでいなかったので、ぼちぼち小説も読み始めることにしました。小説は良いですね。文体が洗練されていて、新書よりも1行1行をじっくり読んでしまいます。ただ、新書ほど文章に中身があるわけでもないので、読んだ後に「俺はいったい何を......」となることもありますが、どんな小説であれ学べることはありますね。たくさん読んで、私も文章力を高めていきたいと思います。直木賞を受賞して、政令指定都市全てに別荘を保有したいですね。

 

 メルカリ。これまでに1万5000円ほど、私にとってはほぼ「捨てる予定だった物」が購入されていったわけですが、ここに来て遊戯王のカードも売れ始めました。5枚で333円。手数料10パーセントの33円がメルカリ側へ行って、送料が160円ですから140円の儲けですが、元はといえば神ですからね。これはもう錬金術に近い。売れ始めたコツがちょっとわかりましたね。先週までは3000枚まとめて9000円で売っていたのですが、今秋からは最大でも10枚の販売に、本格的に切り替えました。本格的に、とは言っても夜中にテレビを見ながらカードを写真に撮って、同じ文面をコピー&ペーストしているだけなのですが、それでもやった意味はありました。2日に1枚は売れているので、あと6000日、20年後にはすべての遊戯王カードが売り切れると思います。