ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第617回「行動経済学」

 4日ほど前に実施した、「1日の間に3社の面接を受ける」という試みですが、今日になって2社の結果が来ました。その結果は1勝1敗!!最終面接への選考チケットを獲得したわけです!!!行くぞ!!!!最終面接!!!!!うおおおお!!!!!!!!!!!!!

 

 というわけで今日は本を読みましたよ。 

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める

 

 いやいや、この本はとても面白いです。「行動経済学」と聞くと、ついこの前ノーベル経済学賞を受賞した分野でして、それはそれは難解な学問でしょうねぇ!!!!????という印象を持っているわけですが、ヘブライ大学で博士号を取得したスーパー有能教授の手にかかれば、私にも十分に理解できる、というか私でもノーベル賞を受賞できるような気すらしてくるので、ここら辺はちょっと恐怖すら覚えますね。本書でも取り扱われているゲーム理論行動経済学という学問は、経済学でも急速に発展している分野だそうでして、過去20年、この2つの分野はノーベル経済学賞に12回登場しているそうです。半端ないですね。今後も50回くらい登場してくるんでしょう。オモロいので皆さんもCHECK!してください。