ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第618回「ふせん」

 「今年は本をたくさん読むぞ!」ということでAmazon、メルカリ、そしてショッピングセンターの書店なんかも多少活用しつつ、とは言ってもほとんどは近所の図書館で無料入手しているわけですが、とにかく本を読みに読んでいます。流し読みばかりなのですが、やはり量をこなすと知識もついてきますね。今年に入ってから、なんと今日までに40冊の本を読むことに成功しましたよ。このペースでいけば、年末までに100冊読むことが可能になります。これは来ましたね。今年は確実に、星新一賞から始まり、直木賞芥川賞松本清張賞ギャラクシー賞と、各業界人から名前を知られたスーパー文化人になっていることと思います。

 

 何と言っても100冊ですからね。10年後には1000冊です。しかも今年は、読んだ本の内容を忘れないように、面白かった箇所をパソコンにカタカタ入力しているので、これを見返せば思い出すことも可能、というわけなのです。まさに万全の体制。ただこの作業が結構面倒くさくて、私の机には今、「面白かった箇所をパソコンに入力し終わっていないので、図書館に返せない本」が5冊あります。もう大変です。付箋だけが大量に貼ってある状態。何故こうなってしまったのか......。

 

 2回目の最終面接を控えている私ですが、ここに来て一種の法則性に気付き始めました。それは、「自信のない面接はすべて通過する」という点。これに気付いたときは、もう震えました。今まで面接は、もう10度目くらいでしょうか。その中で通過した面接は半分、まぁ5個くらいですかね。その5個のうち3個は、ただただ自信なく帰った、個人的にはグダグダだった面接です。もう全部通過しました。この法則に気付いた以上、次回の最終面接は自信なさげに回答するしかありません。「ア、エトー......」です。「ア、エトー......」、もうこれでいくしかない。頼むぞ!!!!!!!!御社!!!!!!!!!