ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第660回「気まぐれ指数」

 ああああああああああぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!!!!!!!暑い!!!!!!!暑すぎます!!!!というかもう熱い!!!!!!ちくしょおおおおおおおお!!!!!まだ死にたくねえええええ!!!!!!!!!ア............アァアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!

 

 ということで今日は港区の芝公園へと行ってきました。

f:id:m15obayasi:20180630213200p:plain

ミャンマー祭り。2日限定で毎年やっているそうなんですが、異国の文化に触れることが出来て、食事も美味しくて、まぁ非常に良いイベントでしたね。明日もやっているそうなので、お暇でしたら皆さんもぜひ行ってください。ただ、今日に関してはただただ暑かったです。もはや「え、ここがミャンマーなのか?」みたいな状態。ミャンマーに行ってみたい人はぜひ行ってください。もうあそこはミャンマーです。

 

 今日も今日で面白い本を読みましたよ。 

気まぐれ指数 (1963年)

気まぐれ指数 (1963年)

 

 星新一の本なのですが、私のように、星新一賞で50万円という大金、そして名誉、上流階級へのステップアップを目指すような人間としては、やはり本人の本から何かを学び取らなければいけません。そういう意味で読んでみたのですが、もう面白い。星新一と聞くと、やはり短編小説のイメージ。ただこの本は200ページほどの長編なんですが、複数の視点から行われる緻密な騙しあい、そして恋愛、小粋なコメディ、全てが組み合わさった、最高文学が遂に完成してしまいました。発売日は1963年。私が読んだ本はボロボロでほこりだらけでして、読み終わった後にくしゃみが止まりませんでした。そこはちょっと気を付けてください。