ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第687回「カレーと観光と乃木坂46について(下)」

 さぁ、というわけで今日も日記を書いていこうかとパソコンを立ち上げたわけですが、何と今日は、今日あった出来事を書くことが出来ません。現在私は、「昨日の日記の続きを書かなければいけない」という異常な状況下に置かれているのです......。

 

【前回の日記】

dogdogdog.hateblo.jp

 

【前回までのあらすじ】

ミャンマー人が家族にいる芸能人を2人知っている私は、先日遂に3人目を発見した。なんとその人物は、超人気ウルトラエキセントリックアイドルグループ、乃木坂46に所属しているギャラクティカかわゆすなビッグバンアイドルなのであった。限度を知らぬハゲタカの手によって破壊された、郊外の地域商店と第一次産業。縮まらない経済格差は、ウォール街を悪魔と死神の巣窟に変貌させ、人間の顔をする物体が歯も見せずに笑い続けていた。飢餓は憎しみと暴力を生み、世界は崩壊への道をひた走る。この世界は一体どこへ向かうとしているのか。モルガンスクの聖剣と、父譲りの優しさを武器に、勇者バーンズの冒険は終盤戦へ向かう!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 というわけで私は発見しました。乃木坂46に、ミャンマー人の母を持つアイドルの姿を。それが彼女です!!!!!!!

ãä¹æ¨åããã¦ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

マウスコンピュータ。安価な価格でPCを販売している国内メーカーの1つですが、これはそのマウスコンピューターのCMに、乃木坂46のメンバー5人が出演した際の、なんかポスターか何かなのだと思いますが、この中には、前回の日記で書いたちゃんかり~ん(造語)はいませんね。他のポスターにはいたりするのでしょうか。とにかくこの中に、ミャンマー人の母を持つメンバーがいるのです。それが中央、パソコンの後ろにいる彼女。指を1本、上空へ向かってピンと立てた可愛らしいポーズをしている彼女が、父が日本人、母がミャンマー人の、いわゆるハーフアイドル、というわけなのです。母譲りということですから、別にこう、色濃くミャンマー感が出ているわけではありませんが、この写真だけ見るとミャンマー人っぽくもありますよ。齋藤飛鳥さん。あしゅりんとか、あしゅとか、そういう愛称があるみたいです。わたしはあすかり~ん、もしくはりんあすの方が良いと思いますが、今から変更は無理ですか?まぁ詳しいことは良く分からないのですが(なんとここまで引き延ばしておいて、詳しいことは何も調べていない)、とにかくビックリですよね。ミャンマー語は話せるのでしょうか。ミャンマーへの渡航経験は?アイドルになった理由は?乃木坂内での立ち位置は?出演作品は?

 

 あとビックリしたのは、飛鳥さんの、この顔の小ささ。

ãä¹æ¨å ãã¦ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

分かりますか皆さん。結構手前にいますから、本来であれば遠近法が効いて、後ろに控える3人の顔が相対的に小さく見えると思うのですが、なんと飛鳥さん、まるで横一線に並んでいるかのような、遠近法をものともしない小顔。これにはレオナルド・ダヴィンチも真っ青と言うべきか、物理と美術と数学の法則を全て崩壊させるような顔回り、遺伝子、そして佇まいです。恐ろしい話ですね。顔回りは50センチだそうですよ。いやいや、ちっちゃ!!!!イタリアにあるどのピザよりも小さいのではないでしょうか。

 というわけでこの話は終わりです。終盤、ミャンマーの話をしているのにイタリアのピザを例えに出す、という失態を犯したりはしてしまいましたが、彼女の今後の活躍に期待ですね。まだまだ謎に包まれた、謎謎の存在だと思います。いや本当に謎謎か?調べれば全部分かるんじゃないか?ミャンマー語は話せるかとか、ミャンマーへの渡航経験とか、アイドルになった理由とか?乃木坂内での立ち位置は?出演作品は?年齢は?好きな服は?本は?食べ物は?好きな終わり