ニッキーの日記

今年も頑張ります。

第718回「y」

 凄い大雨です。東京にも大雨がやって来ましたね。これが昨日だったら、高円寺の阿波踊り祭りは地獄の様相を呈しいたでしょうから、そういう意味では幸運でした。今は5秒おきに流れる雷のサウンドを聴きながら、この日記を書いています。いや雷がうるさい。普段はこんなに落ちませんからね。そもそもどういう原理で落ちているんですか?雷は。

f:id:m15obayasi:20180827204442p:plain

 ゴロゴロ…ピカピカッ!ドドーン!という大きな音や光がして、びっくりしたことはないかな?その音や光のしょうたいは、みんなも知っている「雷(かみなり)」だね。

 空にうかんでいる雲は、太陽の光であたためられた地面のしめった空気が、空で水てきになって集まったものなんだ。空は「高くなるほど寒くなる」から、雲の中の水てきは、高い空にのぼっていくと氷のつぶに変わって、少しずつ大きくなっていくんだ。そして、大きくなった氷のつぶは、だんだん重たくなって、今度は地面に向かっておりていくんだ。

 高い空にのぼっていく氷のつぶと、地面に向かっておりていく氷のつぶがぶつかり合うことで、静電気(せいでんき)が発生して、雲の中にどんどん電気がたまっていくんだ。そして、雲はためられなくなった電気を地面に向かってにがそうとする時に雷が発生するんだよ。

URL:雷はどうやっておこるの?~雷について~ [関西電力]

 

 なんか良く分からなかったのですが、とにかく静電気ですね。静電気がものすごい音立てて落ちてきたみたいな、そういう迷惑な状態。怖いですね。今も鳴りました。y

ちょっとビックリして「y」とか入力しちゃいましたね。もう今日は終わりです。